07/16のツイートまとめ

soccer_consider

本田選手はいいチームを選んだな。日本がお手本にすべきはメキシコだとは前からよく言われていることから代表にもよい影響を与えてくれるだろうし本田のキープ力、展開力はチームにもプラスになるだろう
07-16 16:10

スポンサーサイト

06/26のツイートまとめ

soccer_consider

Jフロのコーチにはそんなことは決してないのだけれど。
06-26 17:33

うちの息子はJフロの教室通っているけど他のチームには所属していない。でも同じ教室の子で、地元のチームに所属しているような子達のなかには暴言がひどかったり他の子のミスを罵ったりするような子がいる。そういう子達はどんなチームでどんなコーチがやっているのかだいたい想像がつく。
06-26 17:33

サッカー界「暴言問題」の背景にある"病根" 人を敬える選手は育成できているか?- 記事詳細|Infoseekニュース https://t.co/LMusED0PQi
06-26 17:27

ウェブサイト更新しました

ウェブサイト更新しました
「コースの限定とボール奪取」
http://soccerreview.web.fc2.com/defway.html

発想の転換が大事

 

最近この2冊を読みました。

テーマは全く異なる2冊ですが、共通するのは「楽しくなければサッカーじゃない」ってことでしょうか。

堅守速攻で弱小チームがジャイアントキリングするのを見るのは決して嫌いじゃないですけど、でもやっぱりサッカーをやるからにはボールを蹴ってパスを回してナンボだと思うので、ボールを回されてそれを追っかけまわすだけで90分間過ぎてしまうのでは、やっている選手には勝つ喜びも半減なんじゃないかと思います。実際私もそうでした。

しかも、別に楽しければ負けたっていいじゃないと言っているわけではありません。2014年ワールドカップも、スペインがオランダにああいう負け方をしてしまったのでやっぱりカウンターが最強っていうイメージが強くなってしまいましたが、結局優勝したのはドイツだったし、その4年前はスペインだったし。

得点の80%だかは3本以下のパスで決まっているとかっていうデータもありますが、そういう戦い方をみんながやっているからっていうことも言えるんじゃないでしょうか。

点を取られないチームが強いっていうのはそれはそうでしょうけど、イコール守備を固めるチームが強いっていうのは発想としては貧弱です。私もそう思っていましたが。

たしかに、まず守備のフォーメーションを作る方がチーム作りとしてはやりやすいのかもしれませんが、練習としても楽しくないですよね。練習から楽しくなくちゃ。

ボランチに酒井高

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000003-dal-socc

UAE戦は押し込まれることを想定して後ろからロングパスで一気に前線へ持っていくっていう形にするために4-3-3にしたっていうことでしょう。

タイ戦は逆に日本が押し込んでボール保持率も上がるので4-2-3-1でダブルボランチにしてボランチから組み立てる形でっていうことなんでしょう。

そのボランチに誰が入るのがいいのか、まあネットではいろいろ盛り上がるでしょうが、酒井選手が入るとどうなるのか、面白いですね。

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
広告